トップイメージ

若年技能者人材育成支援等事業

事業の趣旨

 若者のものづくり離れ、技術離れが見られる中、技能労働者の地位の向上を図り、若者が進んで技能者を目指す環境を整備する必要がある。また、平成24年8月1日に公表された雇用政策研究会報告書においては、「今後とも製造業が日本の成長の軸となり、製造業1000万人程度の日本が維持されるよう努める必要がある。」とされており、引き続きものづくり産業が競争力を維持し、発展を遂げていくためには、産業の基盤となる高度な技能を有する技能者の育成が不可欠である。このため、若年技能者の技能の向上、技能振興機運の醸成等を図ることを目的とし、以下の事業展開を図る。

1 若年技能者の人材育成を行う企業・業界団体、教育訓練機関に対して、ものづくり分野におけるキャリア・アップ支援のため、広く若年技能者への技能指導等を行い、技能の様々な要素が盛り込まれた技能競技大会の競技課題等による演習を通じたスキルアップに取り組むとともに、こうしたものづくり技能の強化・継承を支援するため、ものづくりマイスターの認定・登録を行い、その活用により、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う。

2 また、地域における技能振興の取組を一層推進するため、地域関係者の創意工夫による技能尊重機運の醸成、技能士のスキルアップやレベルの向上を図るとともに、技能士を活用して技能習得機会の提供等を図る。

3 さらに、効率的に事業を進める観点から、地方公共団体や経済団体等地域関係者による連携会議を設置し、推進計画を策定の上、関係者が連携協力の下に事業を実施する。

体系図

若年技能者人材育成支援事業
更新情報


先頭に戻る